輝く私になる方法



輝くとは
~生かされていると知り、天命に従い、今を懸命生きている時に放たれるオーラのこと~


輝く女性を育むメカニズム

どうなりたいか、どう在りたいかという『Being』を明白にし、 それを実現するために『Having(必要なスキルを手にする)』、『Doing(行動する)』することが基本。

また、ありのままの自分が持っている才能である『Being』を認識し
それを他者の役に立つように使い、向上し続けることによって、輝き続けることができます。

仕事は、人生の心臓部、その在りかた(Being)を基盤に選ぶこと
それが、「 輝き 」く人の重要ポイントです。



輝くライフスタイル

リズム

朝7時から開いている、近所の代官山蔦屋書店に自転車で向い、ソファーで本を読んだり、その日まとめたい案件を考えたりしながら一日の過ごし方をイメージします。
早朝の文化的に洗練された蔦屋書店の空気でチューニングされることで気持ちを整えます。

運動

自転車はサドルの位置をプロに調整してもらっているので、ペダルをこいでいるだけで、普段使えていない脚後ろの筋肉が、無理なく、自然に鍛えることにつながっています。



行きつけのジムではもっぱらストレッチを1時間ほど。重点ポイントは股関節と肩甲骨で、特に股関節が柔らかいと小顔(しまった顔)につながるので、仕事の合間にも、できる時にはストレッチしています。

Foods
何が食べたいかを体に訊いて選び、食べたものを「旨い!」と感じるかで正解を見極めます。

朝はフルーツをメインにしますが、フルーツも自分に合うものがあるようです。私はグレープフルーツルビーを食べると水分も補給され一日を快調にすべりだすことができます。

体に訊きながら、自然にやっていることが、筋肉を鍛えることになっていたり、抗酸化になっていたり、それらもどうやら「 輝くこと 」に繋がっているようです

むしろ年を重ねるごとにどんどんと綺麗になっていく。誰もが羨むくらい輝いていたい。女性なら誰しもがそう思うもの。でも実際は、「仕事が忙しいから・・・」「家事に追われて・・・」実はそんな日常生活の中にでもある折角の綺麗になれるチャンスを身落しがち。どんなポジションにつきながらも、自身のワークスタイルとライフスタイルを確立させ、上手に時間と付き合いながら活き活きと日々を過ごしている、そんなバィタリティに溢れる女性であるには、どんな秘訣があるのか。輝きのヒントをお伝えしています。

都道府県