本科講座は、綺麗になる

■ ゆかさん ( 30代・海難事故リスク解析研究者 )



  今でこそスカートを履いてみたり、女の子とスイーツ食べながらガールズトーク満喫したりしてる由佳さん、 女友達は、片手で数えられるしかおらず、学生時代は一匹狼と呼ばれ、いつもマニアックな工学系の男子と つるんでいたのが受講Beforeの彼女の姿。それが、本科講座を受講をしたことで、ご覧の通り美しく、女性らしくなったことはいうまでもなく、夢だったリスク解析の研究職に就くことが叶い、リモア制シャンパンゴールドのキャリーをさっそうと引いて、ヒューストン、シンガポール、上海、日本の空を行き来してます。最近は恋話の相談ごとに、ちらほらでて春がきてます。



■ みちこさん ( 39才・教師 )



  「 先生何した? 」とある日のこと、突然、男子学生が私に聞いてきたんです。 「 何したって? 」の言葉に心当たりのないのでそれを聞き返すと「 先生、綺麗になったよ!何かしたでしょー 」と返事。 え?私が最近、変わったことをしたとすれば、本科講座に通っていること! 年下の男の子、それが、教え子の男子生徒であったとしても、綺麗になったと言われたらなんか嬉しい~♪(笑)  「 美寿子さん最近、私綺麗になったと言われることが増えたんです 」と、みちこさんが話してくれました。以前は宝石などつけない女性でしたが、今は、トリニティデザインのパールを着こなす素敵なおとな女性に変身です。



■ かよさん ( 49才・ジュエリーコーディネイター )



  この一年、化粧品を変えたわけでもなく、エステに通ったわけでもない。ただ、本科講座に通い学びを続け、日常の生き方にそれを取り入れようとしただけ。だけれども、万年主任から想定外の課長に昇進。美寿子さんのセミナーに参加する前 といっても、たった1年前は、宝飾品を扱う部署の万年主任48歳 バツイチシングル 子供2人、22歳の娘は、16歳(高1)の時から、学校に行けなくなり、不登校~引きこもり 住宅ローンをやっと終えたマンションは、フローリングの床が所どころ剥げる オンボロさ 自分の『夢』だとか『目標』なんてものにはとうてい、考えも及ばず、出口の見えない娘にイラつき予想のつく自分の未来にため息をつく 人生こんなもんだとさして不幸とも思わず、でも・・時折どこかで、『このままでいいの?』って思いながら、生きていました。 舛岡美寿子さんの著著『チャーミングに夢をかなえる4つの習慣』を読んだ時、仕事を通じて、こんなに成長し、輝ける人生があるのだとガツーン!!!と衝撃!!!そして1年前の10月から、広島~東京のセミナー通いがはじまり ガツーン!!!の衝撃は、その後、セミナーの最中に何度も何度も何度も何度も何度も何度も(笑)繰り返されたのでした。 そして、今どーゆー事になっているかと申しますと ■昇格しました(想定外)■会社の次世代幹部候補養成講座のメンバーに抜擢 ■49歳にして初めて、女性のみならず、男性からも!「綺麗になったね!」と言われる。 ■「林さんが目標です」と、コレも今までなかったことを後輩から言われる ■家のリフォームが完成しました!■引きこもり歴、実に6年を過ごした娘が正規採用で就職しました この1年の変化は、東京のセミナーに通ってきた成果だと思います お金と時間というエネルギーを使って『変わりたい』と強く願った事が、この現実を作る 美寿子さんは、『変わりたい』のにその【方法】がわからず、吹き溜まりでグルグル舞っていた私に 『こうやったらええんよー』『こう考えたら上手くいくんよー』と、時に理論的に、時に感情豊かに時には、バッサリ 切る!(笑) 全身全霊で教えてくれました。 わたしね、1年前から、抜け出せた!と そう、感じています。



■ えっちゃん ( 40代・自然化粧品販社 )



  本科講座受講開始2ヶ月目で、昨年比150%の売上を計上。過去最高の数字を挙げることができました。 もしもできなかったら・・という思いが先にたって目標を口にすることができず、確実なことだけ、安全なことだけの枠で生きていました。が、本科講座で1億の仕事ができるメソッドに触れたことで、自然と意識が変わっていったのだと思います。本気でお仕事をしたい人が周りに集まり、販社の空気が変りました。地域での行事を取りまとめたり、司会を務めたり、人のお役に立つ役割をたくさん求められることも増えました。それらはじめての経験を通じて、未知の自分に出会い自分自身の可能性を信じることができるようになりました。サファイアの宝石が引き立つ華やかさも引き出され、普通のおばさんから、あなたの様になりたいというカッコイイ女性になるまでの期間は、たったの半年のことでした。



■ みきちゃん ( 50代・外資系保険営業レディ )



  美寿子さん、私の家うさぎ飼ってるんです。そのうさぎがですね、ゲージに入れてるんですけれどもこの前から何回も そのゲージを飛び越えようとトライするんです。何回も何回も飛び越えようとチャレンジしてるんです。でもなかなか飛び越えられないんです。それでもどうしてか何度も何度もトライしてるんです。その姿を何回か見ていたのですが、ある時それを飛び越えたんです! 一度飛び越えると、今度は、自由に飛び越えるようになっていたんです。そのウサギの姿を見て、私にメッセージ送ってくれてるように思えたんです。自分の枠を超えなさい!こうやって超えるんだよ!そう伝えたいことを伝えるためにやって見せてくれているんだと思うんです。 美寿子さん、どう思いますか? と初めて会った日、私は、美紀さんに聞かれました 「もちろんそうよ!うさぎが一生懸命、美紀ちゃんに大事なことを教えてくれようとしとるんだと思うよ」「やっぱりそうですよね」 これが、美紀さんと舛岡美寿子のはじめての会話です。 自分の枠を超えて、新しい自分が生まれることは、自分自身が新陳代謝してることです。 超えるからこそ、新しい自分が生まれる!  「最近きれいになったね!」と周囲から言われることがあるようになったのは、真新しい自分は、一皮剥けたエビデンス。 枠を超えたこと、綺麗になったことの効果はテキメンに現れ、保険のお仕事に就いて5年、過去最高の金額の契約を結ぶことができました!と嬉しい報告を受けるまでに大した時間はかかっていません。



■ まゆみさん ( 40代・下着メーカー嫁 )



  学ぶことは大好きで、ちょこっと学んでは満足、資格コレクターになっていたまゆみさんは、嫁ぎ先の稼業の下着メーカー仕方なくやっていた事務仕事でしたが、本科講座を学ぶことで意識が変り、前々からお話しがあったネットショップに取り組み、TVショップチャンネルにも出演し、売上を伸ばすことに喜びを感じはじめています。倉庫のようになったいた店舗も掃除を済ませ、近所の方とお茶する「お茶会」も開催。回を追うごとにベールを1まいづつ剥がすように肌の色が白くなっていくのがよくわかります。



■ ゆうかさん ( 20代・会社員 )



  「ああ、また目がさめちゃった・・どうせいいことないのに・・・」と思って暮らしていたゆうかさんは、本科講座にお申込みいただいたときは保健室の先生でした。保健室の先生のお仕事そのものが嫌いだったわけではなく、親の期待に添って言われるがままに「先生」という職業についたこと、その自分が嫌=保健室の仕事も嫌という図式。仕事を辞めるということを親子さんいに言い出すことで、険悪なムードになることを避けたいが故に自分の声に添うことなく、周囲の価値観に添って生きてきていたことが、もう限界にきていたのです。美彩科1・自分を知るセミナーで、自分がどんな人なのかを知り、その自分で自分らしく生きるには、どうすればよいのかが分かり、そうするための具体的な方法を決め、それを行動に移してみる・・・先生を辞めることを決め、親子さんに意を決して話をしたところ、意外にすんなりと「いいんじゃない!」という返事が返ってきました。このことは、自分を持って、自分の意志を伝えることで事態はいとも簡単に変えることができるという経験となり、大きな発見と転機となりました。今は、保健室の先生を辞め、楽しく汗をかきながらの仕事についていますが、実は、保健室での人のお話しを聞いたり、癒したりすることは大好きなので、その経験を活かして起業準備中です!と毎日楽しくなりましたというメールが届きます。自分を生きると、こんなに顔は晴れやかに、また、朝も目が覚めることが楽しくなったとも話してくれます。30代前半、2児のママのキュートな輝きを取り戻せました。三重県から、奈良県のまゆみさんと一緒に申込み、通ってきたことも、無二の友人ができたことになったようです。



■ ひとみさん ( 40代・富裕層向けお茶の販売 )



  「1年後には、東京に出て新しい事業をしたいとです!」と長崎弁で夢を語っていたことが現実になりました。新天地の東京で渋谷ヒカリエにも、ご縁を結び、アクティブに動き回っています。本科講座を受けてすぐに変わったことは食生活!肉中心の食事から野菜も頂くようになって肌の質が激変、穏やかモードに変化したことです。初対面の人にも、ものおじをすることなく関係を結べることがひとみさんが自覚していなかった才能であることがわかったことは、これから何をしたらよいかのヒントにもなりました。最近は、フェイスブックを開き、いいね!300超える支持を連日もらう人気ぶりです。その新しい人とのご縁を結ぶ才能を活かして希望どおりのビジネスを展開するのももう間もなくのことになるでしょう。



■ みわこさん ( 30代・外資系商社営業事務 )



  自信がなかったです。お役に立てることは何もないだから事務くらいしかできないから事務をしているんです、ときっぱりと言い切ってました。ところが、美寿子さんに受講のノート取りは抜群の才能あるよ!と言われ、お休みをした仲間の受講生に、「教えてねー」の一言に時間を追って補講してました。するとそのレクチャーに、絶大なる評価を得ることになり、「みわこちゃんは正確に伝えることができて、その場にいたかのような気分になれました!すごい助かります!」と受講生仲間から絶大な信頼を得ることができました。私って、整理して伝えることができてるんだ!そのチカラが自分にあることを初めて知りました。 当初3ヶ月のお約束だった商社との契約は、その後4回も更新を頂け、とうとう1年にまで延長にもなりました。本科講座一番印象に残っているいるのは、旦那様との関係がものすごくよくなったこと!本科講座を受けていなかったらとんでもない判断や選択をしていたかも知れません!また、講座が進むにつれ、自分を知って、自分を活かすことはこれ!と発見することも確信することもできました。それは、30年近くずっとやってきていたからあまりにあたりまえになっていた「料理」をすることです。この発見は、自信がない!と言いきっていた私だったことから一変し、何か上手くいくしか思えなくなる自分になってことになりました。そして、現在は自分の信じた道=料理で起業することにまい進、日々充実してます。



綺麗になれる 本科講座 コース日程のご案内